【かっぱ橋道具街へ行ってみた】

東京で暮らしていたときは会社員で毎日疲れ果てて
料理やキッチンまわりについては優先度が高くなかったので行ったことのなかった街
上野と浅草の間にある「かっぱ橋商店街」

一人で暮らす母が、
”包丁で野菜を千切りするのが億劫になったっから
人参や大根やキャベツが細かく切れる道具が欲しい”
とずっと前から訴えておりました。

”特にキャベツは、とんかつ屋さんみたいに細く切れるやつ”って言うんです。

そんなの業務用は多分高価な機械を使ってるだろうし
複雑な作りのものは部品を洗ったら次に組み立てられないということが
多分高い確率で起こり、死蔵品となる、、、恐れ大です。

とうとう、人参や大根も辛いのか、、、とネット調達を試みましたが
やっぱり欲しい機能や疑問点は口コミと活字説明文だけでは決め手にならない(泣)

そこで来てみました、かっぱ橋。
交差点には合羽橋と書いてあります。

浅草やスカイツリーが近いので、外国の方もいらっしゃいます。
食まわりの道具や機材の街ですから、人も入るような寸胴とかお釜もありますねー。

めっちゃ楽しい!
おっと、主目的を忘れるところでした。

専門店街ですから
「すいません、教えてください〜」
って聞けるのがやっぱりいいです。

ーそんなに取り付けとか難しくない
ー力の落ちた母とかでも安全度が高くて使いやすい

そして何より、
ーめっちゃ切れるやつ

といって2,3件で同じ質問をしてみると
みんな同じ答えが帰ってきたのがこれです。

「スーパーベンリナー」”プロ仕様”(おおっ!!!)

母が欲しい千切りの細かさがしっかり把握できていないので
バリエーションがあるものを選びました。

「これはプロも使ってますよ」ってみんな言う。
もう少し幅がせまいバージョンもありましたが、この幅だとキャベツも行ける。

使い方もわかりやすそう。切れなくなったら替刃もありますよとのこと。

対面のお買い物って、やっぱりこういう時にありがたいです。
母が喜んでくれるといいけど。

メインが決まったので、次は自分のキッチンが目に浮かびます。
見ているだけでワクワクしますが、じっくり吟味です。

鉄のフライパンを洗う、”ササラ”
鍋料理のときに豆腐をすくう”あな空きお玉”
熟した柿やキウイを食べるのに”グレープフルーツスプーン”
ごぼうの細切りが面倒に感じてたので、”スライサー”

吟味すればダイソーさんよりコスパがいいものもありますからね(*^^*)

だれかお客さんが言ってました。
「ここはさ、言ってみれば博物館みたいなものだからね」

いやー楽しすぎます。今度はゆっくり来ようっと!

にゃは★