【五月晴れに想う】

Pocket

ゴールデンウイーク真っ最中ですねぇ。
   
去年までは、人がたくさん動くときには自分は動かないと決めてました。
母と2人だった家の中は
テレビから流れるニュース以外は連休というものから無縁のいつもと変わらない日々
  
  
今年は人混みに紛れて行楽している自分がいます。
  
  
渋滞、待ち行列、空いた場所探し、人混み
  
やっぱりいいことは全くなし。
疲れますわ(笑)
みんな忍耐強いですよ、ホント
  
  
それでもこの時しかというタイミングがあるから。
それは、「季節」という自然の贈り物だから。
花も緑も青空も空気も、鳥の鳴き声も
  

  
そんな遠くへ行かなくても
でも、ちょっとだけ日常から離れてみる
  
  
何か1つでも変えてみるということは
それはそれで気づきにつながりますね
  
こういう琴線への響きが
人生に潤いをくれるんですよね(^^)
  
  
そして、いつもの日常があることをありがたいと思える。

同じ日々はつまらないと刺激ばかり追い求めていた時
乾いていたのだと思う。
  
  
ところで、、、
目で見たものと、カメラに収めてきたものって
実はぜんぜん違うんですね〜(しみじみ)
  
高級コンデジと呼ばれるものを持ってみて一年経ちました。
まだまだうまくピントが合わなかったりするけど、楽しいです!
  
にゃは★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA