【2016年〜ゲキドウ】

自分の備忘録として、残します。
 
 
 
実はちょうど1年をかけて取り組んできたことの「良い結果」が昨日でた。
今まで開けたことのない可能性と好奇心への扉の鍵が手に入ったことになります。
 
さて、ドアをあけたらどんな世界がまっているのか。
 
 
 
去年はかなり日本にいなかったけれど、
今年はまったくパスポートの出番はなかったなぁ〜。
 
代わりに、家事が楽しくてw
自分の違う面を再発見できた。
 
 
 
実家から出る度に増えたモノを実家に持ち帰り、
母が後生大事に貯め続けたモノとあわせて、
消費しきれなくなったモノたちと、自分なりの方法とペースでお別れした。
 
ずっとしようと思っていたことに、やっと手を付けられた。
そして、ほぼ終わった。
 
 
 
同時に、会社員のとき「身を削って頑張ったことへのご褒美」みたいな
時計やバッグ、諸々も手放しました。
 
だって、もうそういう「代償」としてのご褒美は必要なくなったから。
 
 
 
そして、予想だにしなかった「母との関係の変化」
自分の人生を生きるって?って問い続けてきた答えの1つが
ここにあったとは気がつかなかった。
 
心も体も揺れまくったけれど、その結果として新しい選択が見つかった。
 
 
 
そして今年出会った人達をはじめ、いろいろな方向から支えていただいた。
多分、今まで「私はこれ以上できません」って
言えなかったし言いたくなかったけど
 
それを言えたことで、とても楽になれた。
 
 
 
 

こうやって書くと、たったコレだけの表現に集約できてしまったけど
長くて短かった、、、この1年でした。
 
 
 
つくづく思うのですが、
進んでいる方向が間違っていないとき、外部からの障害物はほとんどないみたい。
ときどき現れる障害物は、自分の中からだけです。
 
そしてそれを乗り越えるかどうかは自分がきめること。
 
 
だから、来年から新しいスタートが切れそうです!
 
 
 
みなさま、良いお年をお迎えください★