【ドンブラコ〜】

実は最近、
あるサイトの「翻訳ライター」としてデビューしました。
  
  
ライターをやっている人は周りにもたくさん耳にするのですが
まさか自分がそれをやれるとは、、、!
  
  
こういうチャンスというのは
ドンブラコと流れてくる桃を
ぐっと自分の腕でつかむかどうかなんですよね。
  
すーっと流れていくのを見守るだけなのか
何かがピンとひらめいて、とにかく腕を伸ばしてみるか
もしくは待ってましたとつかむのか
  
  
  
文章を書くことも苦手 汗
好きですが自信がいまいちだった英語 汗
  
こんな状態だと思っていたのに
「仕事になってる〜★」
  
  
読む側から伝える側へ
  
自分のことをこうして書くことよりも
発信メディアのコンテンツ提供の一役をになっているって
ワクワクしております(^o^)
   
   
どんな属性の人が
どんな状況で
どんな反応をしめすのか
  
発信とは、これを意識することに尽きるのです。
  
  
翻訳と言っても、直訳ではありません
今のメディアには、こんな一個人でも
独自の視点をいれることを求められます。
 
だから楽しい!
だから自分の刃を常に研いでおかないといけないです。
  
 
  
あなたの前にも「ドンブラコ」してるものがあるはずですよ!
掴んでくださいね〜
  
にゃは★