【母という役割から解き放つ】

もう5月も終わりに近づいていますね
  
母の体調変化に伴い
これからの「日常」が変わっていく可能性が大きくなって
  
目の前のことを淡々とこなすこと
そして、
どういうこの先を選択していくのかを考えること
    
という毎日です。
  
  
  
母はずっと自分に厳しい人でしたから
傍から見ていても
行動の基準は「◯◯ねばならない」だった気がします
  
自分で何もかも引き受けることがベースでしたから
自分ができないことが多くなって
”ねばならない”に埋もれてしまった
  
その中には、妻・母としての役割というのが大きかったと思います。
  
  
  
半ば強制的に
そういう状況から開放してあげるのも
娘の役割かなとも考えています。
  
断捨離を強行していることもその一環です
  
そうすることで
実は私自身も 娘であるということを
第一の役割にしてきたことから
開放しようとしているのかもしれません
  
  

「もう、エエやん」
と母にも自分にも、心の中でつぶやいてます
  
  
  
会社員を卒業して
ゆるく生きていきたいと思っている私が
一番超えなければいけないのが
このハードルなのかもしれません
  
  
大量のモノをゴミ袋に詰めながら
これを1つ1つ脱ぎ捨てていくことで
新しい何かが始まると思います!
  
  
ゴミの回収が今だけ週1や週2じゃなくて
毎日来て欲しいと思う、今日このごろ。。。笑
  
  
今日も読んでいただいて、ありがとうございます(^^)
  
にゃは★