【馬に乗ったら、、、】

Pocket

もうすぐ新年度ですね〜、日本の暦的には。

「馬に乗ったら、降りるな」

この言葉は、かつて所属した会社の研修で
スピーカーで来られた、内永ゆか子さんが言われた言葉です。

男性優位なIT業界かつ外資系において、システムエンジニアから役員までなられた素晴らしい方です。

とても印象的で、いまだに頭に残っていて、
ことあるごとに思い出す言葉です。

ご自身のすごい苦労のたまものとして、「妹達」である私たち女性に向けて送っていただいた言葉でした。

内永さん、カッコいい〜
と当時の私は目をキラキラさせて聞き入っておりました。

馬に乗ったということは、Old boys network(男性とは限らないがマジョリティが作った文化やしくみ)の中で、
さまざまなものと、戦い続けるってことだったわけです。

その当時の私は、馬上にいたわけで
地上では見えないものがたくさん見えていました。

いいとか悪いとかスゴイとかスゴくないとかではなくて、
とにかく私には刺激的でした。

だから、この言葉を、私より若い「妹達」にもしっかり伝えなきゃと
思ったことを覚えています。
今思うと、目線はがっつり「上」を向いてましたね。

そして今。

内永さんは今も馬に乗った高さにおられますが、
私は馬から降りちゃった(*^^*)
(遠い目。。。笑)

そして、地面におりた高さで、目線は上じゃなくて「前」を向いてます。

見える景色は全然違うし、会う人も、流れる空気も全然違います。
ゾクゾク・ピリピリするような刺激はありません。

でも、私はどちらも楽しいです〜

だって、どちらも
望んでそこにいるから。

そこからしか見えない景色と
そこでしか吸えない空気があるから。

重要なのは、自分で選び取ってきたかどうか なのだと思います。

4月から馬に乗る人たちに、エール!
でも、人生それだけじゃないからね〜

にゃは★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA