【馬に乗ったら、、、】

もうすぐ新年度ですね〜、日本の暦的には。

「馬に乗ったら、降りるな」

この言葉は、かつて所属した会社の研修で
スピーカーで来られた、内永ゆか子さんが言われた言葉です。

男性優位なIT業界かつ外資系において、システムエンジニアから役員までなられた素晴らしい方です。

とても印象的で、いまだに頭に残っていて、
ことあるごとに思い出す言葉です。

ご自身のすごい苦労のたまものとして、「妹達」である私たち女性に向けて送っていただいた言葉でした。

内永さん、カッコいい〜
と当時の私は目をキラキラさせて聞き入っておりました。

馬に乗ったということは、Old boys network(男性とは限らないがマジョリティが作った文化やしくみ)の中で、
さまざまなものと、戦い続けるってことだったわけです。

その当時の私は、馬上にいたわけで
地上では見えないものがたくさん見えていました。

いいとか悪いとかスゴイとかスゴくないとかではなくて、
とにかく私には刺激的でした。

だから、この言葉を、私より若い「妹達」にもしっかり伝えなきゃと
思ったことを覚えています。
今思うと、目線はがっつり「上」を向いてましたね。

そして今。

内永さんは今も馬に乗った高さにおられますが、
私は馬から降りちゃった(*^^*)
(遠い目。。。笑)

そして、地面におりた高さで、目線は上じゃなくて「前」を向いてます。

見える景色は全然違うし、会う人も、流れる空気も全然違います。
ゾクゾク・ピリピリするような刺激はありません。

でも、私はどちらも楽しいです〜

だって、どちらも
望んでそこにいるから。

そこからしか見えない景色と
そこでしか吸えない空気があるから。

重要なのは、自分で選び取ってきたかどうか なのだと思います。

4月から馬に乗る人たちに、エール!
でも、人生それだけじゃないからね〜

にゃは★

【食べるものか、食べていける力か】

は、早〜いっ!
このあいだあけおめだったのに
もう今年最初の四半期が過ぎようとしていますね。

私たちは毎日を生きるなかで
たくさんの情報シャワーをあびています

メールボックスに入ってくるもの
SNSで流れてくるもの
新聞の記事や広告

意図して探しに行ったもの
ついでに流れてくるもの
これいいよって教えてもらったもの
脇の方でパカパカ点滅する広告たち

その中から
潜在的に自分のほしいものと合致しそうな
無意識のうちに選んだ、

イベント
情報
その人
コミュニティ(環境)

あなたが心を動かされたそれらは、

例えていうなら、

お腹が空いているあなたに
手っ取り早く、食べ物をくれますか?

それとも、

長い目でみた
食べていける力をつけてくれるものですか?
2016-03-15 12.56.03

何もわからない時ほど

これこそが答えです
ここにすべてがあります
ここにいれば大丈夫です
こうやっていれば完璧です

とか言われると、
ホッとします。

でもたくさんそこに投資しても
なぜかこんなはずじゃないなぁと思うのなら

あなたには合わないのだと思います。

それらによって自分に力がついたなと思えなければ
手放すとか、距離を置くって大切です。

密着しすぎて見えなくなっていたものも
スペースができれば冷静に見えてくるものもあります。

変化に対応していくためには、
自分で自分の人生を漕いでいくためには、

今すぐ食べられる食べ物を求めるんじゃなくて

食べていける力、判断できる力をつけられる
人、情報、場所を冷静に見極めることが

すごく重要だと思います。

あなたにそういっている私も
そういう意識で、今を棚卸ししています

人生、そんなに無駄に寄り道できるほど
時間も体力もたくさんあるわけじゃないのです。

【これが日本海!?】

友人が連れて行ってくれた、角島大橋から見える海。

愛知の私がイメージする日本海は、東尋坊の断崖絶壁から見える荒れ狂う厳しい海です。

先日行った宮古島に似た、青のグラデーションがこんなにある海も日本海なんですね!!!

2016-02-28 14.14.38

いかに私たちは、ステレオタイプとか、
すこしかじった情報だけでその全体を理解したかのように
思っていることが多いということでしょうか。

日本にも世界にも、自分の知らないことだらけ。

もっともっと自分で体験したいことだらけ。

「五感で感じて、第六感で命をまもる」

今年はドメドメがメインですが
相変わらず、ゆる~くお届けして行きます〜