【省エネ主義】


「がむしゃら」に何かをやる
「たか~い壁」に立ち向かう
「難しい方」を選択する

っていう考え方がありますね。

私、以前はこういうスタンスが大好きでした(^^)

いろいろな劣等感があったこともあり、
人よりもっともっと頑張らないと!と思っていたのです。

そうすることで、結果はでるのです。
それは間違いないです。

でも、振り返ると、
「努力している自分」
に安心したかったのかなと思います。
2015-12-20 14.03.35 HDR

でも最近、とても衝撃をうける価値観に出会いました

そういうことにエネルギーを使わずに
小さなエネルギーで目的を果たしたりできる人がいることを。
そして、しっかり結果をだせているのです

真正面でボールを受けちゃう自分とは かなり違うタイプの人

自分が同じようにできるとは思いませんが、
ものの捉え方や
方法の考え方
という部分に、省エネの考え方を取り入れるのはありだなぁと感じています

これは決して、怠けているわけでなく、
エネルギーを、能力を どこに振り向けるか の違いです

一番印象的なのが、木の根っこに例えた話です

木の根っこって、伸びていく先に硬いところや障害物があったら
それを突き破らずに 伸びられる方向へ迂回して どんどん伸びていくでしょ?

または、それ以上先に行けなければ、そこは伸びるのをやめて
他の根っこを出して、伸ばしていくでしょ?

この木の選択は、怠けているわけじゃなくて
むしろ生きていくための、前に進んでいくためのもの

人間だって、そうすればいいんですよね。

たち止まること
ルート変更
もっと簡単な方法や、楽な方を選ぶこと

全然オッケーじゃないですか❣❣

にゃは★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA