【身軽・みがる・ミガル】

今日は、私が「身軽なライフスタイル」を
意識している理由をお話したいと思います。
 
サラリーマンの時を思い起こすと
まかされるステージがあがるにつれて、
 
どんな状況にも、対応しよう
どんな人とも、折り合いをつけよう
 
というように振る舞っていたことを思い出します。
これは、今思い起こすと
いろいろと「重かった」んですね。
 
時間に余裕がないので、
無意識に自分のあたまでしっかり
物事をとらえることをせず、
 
とにかく本を買いまくって、家中が本だらけ
買い物で気分転換すると、モノが増える増える
 
考えの軸がぶれてくると、
他の人の言動に、つい敏感に反応して思い悩む
 
せっかくサラリーマンを卒業したのだから、
こんな状態からも卒業!と決心したんです。
 
今目指しているのは、
心も身の回りも身軽でいることで、
思い立ったらすぐに大好きな旅にでられる
環境をつくること
 
暮らしかた
収入をえる方法
人付き合い
心の考え方捉え方
 
少しづつですが、楽しみながら、試行錯誤しながら
構築しています。
ミガルになるように、日々を生きています。
 
まだまだやることがたくさんあるのですが、
ここまで来るのに、転機となったのが
先日Macを譲り受けた 起業家 平城寿さんとの
出会いだったなと。
 
平城さんは、場所と時間にとらわれない仕事法を
確立されています。
私もそうなりたいと、準備に取り組み始めています。
 
実は今週の日曜日、
その方法を実践している仲間の人達と
報告会なるセミナーが開かれます。
 
私はそこで、進行役を仰せつかり
あわせて、自分の体験を語ります。
 
もし、こんな生き方に興味がおありでしたら
話を聞きに来ていただけたらと思います。
ご興味ある方は、メッセージをいただけたら
詳細をご案内させていただきます。
 
「平城式フェイスブック
ビジネス構築法 成果報告会」
 
11月30日(日) 14:00〜17:00
(18:00から懇親会もあり)

【出ておいで、いろんなワタシ】

世にある、SNSの数々
 
少し前まで、
いろいろやるのは、面倒なので手を出さない と
1つに決めてました。
 
最近は、
いろいろな自分になれる いいチャンス! と
思い、いくつか参加しています。
 
 
だれでも、いろいろな面をもっていて
多重人格なんですよね。
 
 
リアルでこれをやろうとすると、
限界があります。
時間、お金、気分、タイミング、すでに与えた印象、、、
 
例えば、
あるところでは、これからの人生を楽しむ自分
別のところでは、人の役に立ちたい自分
もうひとつでは、力を抜いた自分
というように。
 
 
でも全部、自分なんですよね。
 
こうすると、抑圧される自分はいないので
気持ちが楽だとわかりました。
そして、やっていて楽しい!
 
 
コツはですね、
役柄を決めたら貫くこと
ネガティブなものを、人はみたくないと意識しておくこと
かなと 思っています。
 
 
どの自分に、どんな人が興味をもってくれるのか
どんな人と繋がれるのか
 
共感を元にしてつながるって、面白いなぁ!!!
 
みなさんは、いくつのジブンを持っていますか?
Photo by ionic via

世にある、SNSの数々
 
少し前まで、
いろいろやるのは、面倒なので手を出さない と
1つに決めてました。
 
最近は、
いろいろな自分になれる いいチャンス! と
思い、いくつか参加しています。
 
 
だれでも、いろいろな面をもっていて
多重人格なんですよね。
 
 
リアルでこれをやろうとすると、
限界があります。
時間、お金、気分、タイミング、すでに与えた印象、、、
 
例えば、
あるところでは、これからの人生を楽しむ自分
別のところでは、人の役に立ちたい自分
もうひとつでは、力を抜いた自分
というように。
 
 
でも全部、作っているわけではない、自分なんですよね。
 
こうすると、抑圧される自分はいないので
気持ちが楽だとわかりました。
そして、やっていて楽しい!
 
コツはですね、
役柄を決めたら貫くこと
ネガティブなものを、人はみたくないと意識しておくこと
かなと 思っています。
 
 
どの自分に、どんな人が興味をもってくれるのか
どんな人と繋がれるのか
 
共感を元にしてつながるって、面白いなぁ!!!
 
あなたは、いくつのジブンを持っていますか?

【話題のSNS「tsu」】

ご存知かたも多いですね、”tsu”(すー)
 
私もさっそく信頼できる方から紹介していただき、ユーザになりました。
 
ミクシィのように紹介制で、
使い方はフェイスブックと酷似していて、
 
でもでも、、、違うのは、
報酬システムが組み込まれているということです。
 
自分が投稿して広告収入が発生したとします。
 自分には、得られた広告収入の50%入る
 自分を招待してくれた人(Aさんに)、33.3%入る
 Aさんを招待した人(Bさん)に、11.1%入る
 Bさんを招待した人(Cさん)に、3.7%入る
というように、報酬が分配されるものなのですね。
 
どこかでみた図式ですね!?
私もあれれ、、と思いました。
 
私も「どこかで見た図式」のシステムでは、いい思いをしませんでした。
 
でも冷静に見て、自分が商品を買わされるわけではないですし、誰かを紹介しなければならないというノルマがあるわけでもない。
 
自分が投稿によって楽しんだ結果が、自分と自分の信頼する招待者に恩恵が行くのなら、面白いかも!?と捉えてみました。
 
英語圏で爆発的に広まっているということなので、日本語だけでつかっているFecebookとは、投稿内容やお友達もちがうところで楽しめたらいいなぁと思っています。
 
ホントに報酬が入るかは、全然実感がありませんし正直期待はしていませんが、まずは自分が投稿や交流を楽しんでみたいなと考えています。
 
知らない人に報酬が行くって嫌だわ、という方は信頼できる方から招待してもらう方がいいですよ。
 
もし、私経由で参加してもいいかなと言う方は、ここから登録できるようになっていますので、お使いくださいね。
 
氏名、アカウント名、メールアドレス、性別、生年月日を入力して登録します。生年月日などは、あとでプロフィールを変更して表示できなくできます。

【自分のためだけじゃないノマド】

私は自宅を仕事場としてやってきたのですが、
最近気づきがありました。
 
家でやることがいろいろな面で
合理的だと思っていましたし、
 
すべて自分のペースで時間を組み立てられることが
何よりも嬉しかったのです。
 
そのために、ノートPCも大きな画面の重たいもの
外に持ち出すことは、想定していないサイズ。
 
 
おかげさまで元気ですが
母との時間を優先できるスタイルなんですが、
ちょっと母に、重たい思いをさせていたかなと。
 
私が家にいることで、
娘であっても、私に気を使ってくれていたと思います。
 
でも、母が完全に一人になれる時間も
必要だったのだなと。
 
私が、まっクン(Mac)とご近所ノマドをする
時間をつくることで、
母を少しだけでも
身軽にしてあげられているかもしれません。
 
こうやって書いていると
まるで定年退職した旦那さんみたいですが、、、笑
 
 
こうして、ご近所ノマドを定期的にすることに
しようと思います。
 
自分がゆるみ過ぎないように
セルフマネジメントにもなりますしね!

【素朴な疑問】

今日は、身軽ライフとは関係ないんですが、、、
 
某銀行の担当さんとお話していた時のこと。
 
とにかく、担当者がひっきりなしに変わるんですよね
 
10日前ぐらいにいきなり言われる異動
それも頻繁に
 
彼らも被雇用者の身、家族で対応するのはさぞ大変だと思われます。
なので、単身赴任が結構多いんですね
 
銀行員さん、大変だなぁ。。。
 
最初のラポール(信頼構築)は、対面って必要ですが
その後は、テレビ会議でもいいのではないかなぁと
思ったりもします。
 
担当者が近くにいなくたって。
 
というか、
行員のほとんどを順々に、頻繁に移動させるコストは
すごい経費になるのでは???
 
それでも、担当さんいわく、
「お客様との関わりが長くなると
どうしても言うべきことが言えなくなったり
緊張感が緩んだりしますからね」
 
そこを最重要と捉えていることは、分かりましたが
結局、そのリスク回避のコストを
我々が負担しているわけですよね。
 
もっと他に、解決方法があるのではないかと
思ったのでした、マル。

【整った形を、崩してみる】

毎日の生活って、
自然にそうなったやり方や、自分で手順を決めたルール
の集まりで、できています。
 
キレイに整った形をしたブロックみたいです。
 
そのうちの1つでも1か所でも、意図的に崩してみると、
「ええいっ!」
 
すると、
そこから新しい風が吹き込んできて、
新しい水が流れ込んできて、
 
新しいことを思いついたり
今まで気づかなかったことに気づけたり
固定観念が外れたり します。
 
今日は、先日私の右腕になったマックンと
初めて出かけてきました。
ノマドさんしてきました!
 
家で文字を打つのより、
心がとっても軽いのです。
気持ちがいいです!
 
旅に出るほどの変化に及ばないけれど、
1つ1つですが、環境が変わっていくのは
もう、それはそれは爽快です!
 
1つのところに留まっているのは
やっぱり息苦しい。
新しい空気、新しい水、新しい景色
 
楽しいと思える感覚を感じながら生きていきたい
という思いを強くしたのでした!!!