【接点のなかった人たちから学んだこと】

Pocket

会社員だった頃の私は、
仕事が生活の一番を占めていたので
そこから展開される人脈や人間関係の中で
ほぼ行きていました。

それで、満足していましたし、イッパイイッパイでした。

今、その当時には、
接点さえなかった世代・生き方の方たちから
学ぶ機会を得ています。

例えば、

組織内にはいなかった、団塊世代の女性
私とは会社の規模が違うところでキャリアを積まれた方
社会的には弱者の分類に入るけれど、社会保障に甘んじずに
自分の力で生計を立てておられる方

そのような方たちは、

物事のとらえ方 と 処し方
想定外への対処
自分の残りの生を見据えた上にある日常

といったものが、自分と全然ちがうのです。

日本人でも、これだけの違い、、、
世界には、もっともっと人がいるじゃ ありませんか!?

違いを感じるということは、対人力を向上させるのには
欠かせない経験だと 思います。

小さくまとまっている場合では ないのでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA