【1台◯役】

私はガラケー+タブレット派でして、
この度 3代目タブレットに乗り換えました!
 
iPad初代
⇒NEXUS7 2012
⇒NEXUS7 2013 simfree
 
最初にタブレットを使いはじめた時は、
今までできなかったことが可能になったので
私の生活に1つ新しい機材が加わったという
足し算だったのです。
 
2台め以降は、他にあるモノの役割を
吸収していってくれているので
モノ自体を減らす引き算が可能になりました。
 
2台目で減らすことができたのは、
カーナビ
 
3台目の今回では、
ローロデックスなどの名刺フォルダー
Wifiルータ
デジカメ
 
まだまだ減らせるもの出てきそうです!
 
ワクワク!!!
 
「身軽ってやっぱりいいですねー」
 
相次ぐ災害に心が痛むと同時に、
代わりの利かない、紙の写真類をどうにかしておかないと
という気持ちが強くなりました。
 
これも、デジタル化して自宅以外に保存してあれば、
安心が増しますね。

【接点のなかった人たちから学んだこと】

会社員だった頃の私は、
仕事が生活の一番を占めていたので
そこから展開される人脈や人間関係の中で
ほぼ行きていました。

それで、満足していましたし、イッパイイッパイでした。

今、その当時には、
接点さえなかった世代・生き方の方たちから
学ぶ機会を得ています。

例えば、

組織内にはいなかった、団塊世代の女性
私とは会社の規模が違うところでキャリアを積まれた方
社会的には弱者の分類に入るけれど、社会保障に甘んじずに
自分の力で生計を立てておられる方

そのような方たちは、

物事のとらえ方 と 処し方
想定外への対処
自分の残りの生を見据えた上にある日常

といったものが、自分と全然ちがうのです。

日本人でも、これだけの違い、、、
世界には、もっともっと人がいるじゃ ありませんか!?

違いを感じるということは、対人力を向上させるのには
欠かせない経験だと 思います。

小さくまとまっている場合では ないのでした!

【あれも、これも からの脱却】

旅に出るときの荷物、あなたは
多い方ですか、少ない方ですか?

 

訪れた先での買い物が、

楽しみでしょうがなかったときは
行きのスーツケースは、半分空っぽでした。

 

そのうちに 旅先で買ったものが
日本では合わないなと思うようになって、
現地で買わなくて済むように
行きのスーツケースから、しっかり詰まった状態になりました。

 

ですからいつも、帰りはパツパツ!
現地で登場する機会をもらえなかったものもドッサリ!

 

おまけに、壊れたり擦りきれないと
捨てられない性格 と来ていて、
家のなかには、モノが溜まっていく、、、

 

これでは、気もよどみますよね。
判断も遅くなり、

行動も遅くなり、
毎日をいい加減に過ごしてしまう

 

この悪循環を絶つべく、

 

<<旅をするように 暮らす>>

 

付喪神(つくも神)に感謝しながら、
身の回りのものを 削ぎ落としています。

 

本当に必要なものだけが
残っていく ワクワク感!!!

【らしさ】

◯◯らしく とか ◯◯らしさ
 

この言葉、よく使われていますね。

 
相手が失敗したり、落ち込んだりしている時
勇気づけるつもりで、
「アナタらしくないね」
 
これって、自分の価値観で見た相手を形容しているわけで、
相手の感情や価値観によっては、
ナイフにも花束にもなる言葉だなと感じます。
 
自分に対してもつかいますね。
 
ポジティブなイメージとか、
主体性をもった私を形容して
「ワタシらしさを尊重したい」とか。
 
自分の軸がしっかりしていないと
無意識に、逃げてる時にも
使ってしまいそう。。。
 
気をつけようっと!!!
 

【惰性でなんとなく続けているコト】

時間がもっとほしい!
なんでこんなに忙しいのだろう!
と思ってらっしゃるアナタ。

世に 時間管理術 なるノウハウはあふれていますが
詰め込んで詰め込んで、キッツキツにしていると
疲れちゃいます。

詰める前に、行動デトックスですよー。

これは!と思って始めた、自己啓発の活動や習い事
とりあえず行動あるのみ!と始めた、社会貢献活動
面白そう!と入った、コミュニティ

けど、今は、、、というもの、
ありませんか?

惰性になってしまうと、誰のためにもなりません。

意味・意義が見いだせなくなった時点で、
それはもう あなたには必要ない と思うのです。

とっても疲れている友人を見て、
そんなことを言ってあげたくなりました。

【あ~、そこ図星だわ】

新しい出会いは、なるだけ無駄にしないように
参加させていただいています。

本当は、かなりの めんどくさがり屋 なのですけどね。

初対面や、まだ 打ち解けていないぐらいの方との
やりとりが 時に、

グサッ!と刺さってきたり
思わずムッ!として反論したくなったり
私の何がわかるのよとイラッ!ときたり

するんですよー。

こんな思いするなら、あ~あ、、、
と後味も悪かったりする。

でも、こういう思いをするってことは
結構 図星だったりするんですよ。
(理不尽なものは、別です)

自分の思い込みや固定観念
相手への理解不足
自分の承認欲求

という 痛いところを突かれる ことからくる感情ですね。

なので、家に帰って
冷静に振りかえり、
痛いところを突いてくれたことを
笑って受け入れるようにしています。

そうすれば、今度は進化した対応ができるから!

【自分のミニマムを知っておく】

雇われる生活を卒業すると、誰でも不安になるのが、
入りと出のバランス
 
取り崩しになる時期は、たいがい、誰にでもありますよね。
 
でも見方を変えると、
自分のお金との付き合い方を見直す
とてもいいチャンスだと思うのです。
 
自分は、1ヶ月または1年間に、
どのくらいあれば生活できるのか
試算してみると、
 
毎月入ってきていた時は危機感がないので、
気に留めなかった無駄や、
あってもなくても、変わらないもの、
そして、
工夫すれば、減らせるもの
 
これらを(バーチャルでいいので)削っていくと
普通の生活をするのには、今の状態を死守しないと~!orz
というほど、
そんなにお金が必要じゃない
ということが分かります。(個人差はあるかもしれませんが)
 
自分のミニマムを知っておくと、
最悪は、このミニマム分を得ればいいのだ
という発想もできるので 気持ちが楽になるんです!
 
という実感。。。